国分建設で快適な住宅を|心地よい暮らしは設計から

見取り図

高性能住宅の条件

間取り

住宅性能のひとつに高気密住宅がありますが、幾つかの利点を持つものです。まず外気の影響を受けにくいことによって、室内の空調効率を高めることになります。具体的にはエアコンの電気代を節約しつつ冷暖房の効果が高まることになります。また湿度をコントロールすることによって、余分な湿気が入り込むことを防ぐことになります。住宅は湿気を防ぐことによって長持ちすることになります。つまり高気密住宅は長持ちする利点を持つというわけです。さらに外気の影響を受けないことにより、室内環境を一定に保つことができます。その結果、過ごし安い空調を保つことになります。また住宅の構造によってはそれほど費用をかけることなく、高気密住宅とすることができます。

住宅性能は常に向上していますが、高気密住宅も近年では標準化されています。断熱性の向上と使用する材料の簡略化により、さらに低いコストで実現できるようになってきています。住みやすさを追求すると共に耐久性を高めるものとして、ローコスト住宅でも標準化しています。またエコな住宅が必要とされる中で、光熱費を抑えることができる高気密住宅はさらなる普及が望まれています。その背景の中で、さらに費用を抑える形で採用されることが予測されます。課題としては、室内にこもった湿気を排出する方法が必要となることです。換気システムを完備することにより対策が取られていますが、それをいかに効率良く行うかがこれからの取り組みとして必要とされています。